FXの際の取引単位について

FX取引をする場合、どこのFX業者にも最低取引単位がありますので、それ以下の金額での取引はすることができません。普通、最低取引単位は1万通貨とされている場合が多く、個人の取引としては高すぎる気がしないわけでもありません。しかし、そうであるにはそれなりの理由があるのです。外国為替市場というのは、東証のように実体があるわけではありません。実際の外国為替市場は、電話やネットで全ての取引が完結するインターバンク市場です。このインターバンク市場の最低取引単位はなんと100万通貨です。個人が気軽に取引できる単位ではありません。そもそも1998年に自由化されるまで、個人は為替取引ができなかったのですから、インターバンク市場の最低取引単位が個人投資家向けの設定になっていないのは当然です。そこになんとか、個人投資家も参加できるようにすべく考え出されたのがFXという商品なのです。そう考えてみると、1万通貨という最低取引単位も決して高すぎるわけではないのだと納得がいきます。